刀剣乱舞 コスプレ衣装

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新:kakoicos - 履歴 - 編集

日本のコスプレ文化は世界中に広がっています。

コスプレ衣装文化は日本内外に広がっています。「日本経済新聞」の報道によると、コスプレファンが多い欧米のほか、経済成長の後押しでアジアなど新興国のファンも増えているという。「変身したい」「世界観を共有したい」などの思いがコスプレブームの原動力になっている。コスプラー文化の拡散は国際交流と日本の消費の増加にも役立つ。

「世界選手権はメキシコ!」は8月15日夜、名古屋市の愛知県体育館で試合結果が発表されるや否や、会場内から大きな拍手と歓声が上がった。毎年名古市内で開かれる「世界コスプレサミット(WCS)」の決勝戦である。

大会の実行委員長の小栗徳丸さんは「アフリカは南アフリカが初めて参加し、参加国と地域が38に増えた(当日は2国が欠席した)。五大陸から選抜された各代表チームは同じ台で競技して優勝を競います」と述べました。

各国の代表チームは「攻殻機動隊」、「戦国無双シリーズ」、「黒執事」、「刀剣乱舞 コスプレ衣装」、「ドラえもん」など日本のアニメやゲームをテーマに変装とショーを行っています。上手な日本語で自己紹介をするチームも多いです。

優勝したメキシコチームは抜群の身体能力で格闘ゲーム「ストリートファイター」のヨガ修行僧と女性格闘家の対決を再現しました。メキシコチームのエドワードは「日本の文化を尊重することも好きです。日本は私の憧れの国です。

盛り上がりは決勝会場だけではない。関連イベントの会場「オアシス21(Oasis 21)」では、様々な衣装を身にまとったFate/Grand Order コスプレ衣装愛好家や写真を撮るファンが行き来している。人気のコスプレファンの前に30人以上の列ができました。コスプレファンたちは名古屋市内でパレードを行い、多くの人と交流しました。

世界のコスプレファンがあこがれる最大規模のコスプレイベントとして注目されています。各国や地域での予選などを含め、2017年は200万人を超えて参加し、規模は年々拡大しています。

決勝戦を行った過去14回の大会を振り返ってみると、優勝回数が最も多かったのはイタリアとブラジルで、それぞれ3回を獲得しました。次に日本とメキシコの2回ずつです。Cosplayでは最初はイタリア、フランス、日本などの先進国が目立っていましたが、近年はブラジル、ロシア、中国、メキシコ、アジアなどの新興市場国の存在感が急速に高まっています。

大会の実行委員長の小栗徳丸さんは「経済成長の勢いで先進国から新興国に移行し、五等分の花嫁 コスプレ衣装ブームも広がっている。やはりファンが多い国はレベルが高い」とコメントしている。インターネットの普及に伴い、日本発の最新情報がリアルタイムで世界各地に発信され、Cosplayブームに拍車をかけている。

https://www.pinterest.jp/pin/846958273653865168

https://www.pinterest.jp/pin/846958273653865177


このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]
メニュー並び替え

その他の攻略サイトを見る

TOPへ